株式会社グッチラボのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。岡山市でWEB集客のお手伝いをしています。ここでは、私たちの考え方についてお話します。

少し長くなりますが、私たちは、私たちの考えに共感していただける企業様と仕事をさせていただきたいと考えています。

私たちの価値観をご確認いただいた上で、ご依頼いただければ幸いです。

ホームぺージは結果を出さなければ意味がない

カッコいいだけのホームぺージはお金のムダです。多ければ100万以上の制作費をかけて、さらに毎月の管理費を請求され、稼げないホームぺージに意味があるのでしょうか?

私たちは、ホームページは会社に売上・利益をもたらすものでなければならないと考えています。

株式会社WEB LEADはデザイン会社ではありません。元々は成果報酬型のWEBサイトの運営をしてきました。成果報酬型ですから、売れなければ報酬はいただけません。

その経験から、WEBサイトはカッコいいだけではダメ。結果を出さなければ意味がないという考えが体に染みついています。

ホームページを作ったとしても、結果が出なければ、存在していないのと同じです。ホームページ制作業者もクライアント企業の売上に貢献できないのであれば、社会に存在する意義がないと考えています。

特に地方の企業様に多いのですが、ホームぺージ制作業者との情報の非対称性が大きく、制作業者の言われるがままに制作を丸投げしています。

その結果、「カッコいい」「見た目がいい」ホームページは出来上がりますが、成果につながらないということが多いのです。

なぜなら世の中の多くのホームぺージ制作業者は「デザインのプロ」ではあっても、WEB集客のプロではないからです。

私たちは、結果が出るまでとことん、改善を繰り返していきます。

私たちが言う「結果」とは、見込み客を集客し、売上につなげることです。ただアクセスを集めるだけでなく、集めたアクセスを成約まで持っていくことを重視しています。

WEBマーケティングの仕組みを作る

ホームぺージを作ることは手段のひとつです。では目的は何でしょうか?

見込客が自社を見つけてくれて、売り込まなくても、お客自ら問い合わせをしてくれる。そして成約に結びつける。さらに一度購入してくれた顧客と長期的な関係を築き、ライフタイムバリュー(LTV)を最大化する。

これがホームぺージを作る目的ではないでしょうか?

これを実現するのがWEBマーケティングです。

WEBマーケティングとは、文字通り、WEB上で行うマーケティングのことです。

マーケティングとは、さまざまな定義がありますが、私たちが最も好んで使うのがピーター・ドラッカーの定義です。

ドラッカーのマーケティングの定義は次の通りです。

実のところ、販売とマーケティングは逆である。同じ意味でないことはもちろん、補い合う部分さえない。もちろん何らかの販売は必要である。だが、マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。

P.F.ドラッカー. [英和対訳] 決定版 ドラッカー名言集 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.278). Kindle 版.

マーケティングとは、販売を不要にすることである。

つまり、売り込まなくても売れる仕組みを作ること。WEB上でそれを行うのがWEBマーケティングです。

さて、WEBマーケティングの起点はWEBサイトです(ホームぺージやいわゆるランディングページ)。

WEB上に自社の店舗を出店するイメージです。

店舗を出店したとしたら、次のように考えるのではないでしょうか?

①お客様に見つけてもらいたい
②購入してもらいたい
③リピーターになってもらいたい

①WEBサイトに集客するには

WEBサイトに集客する方法は大きく3つあります。「SEO」「SNS」「WEB広告」の3つです。

SEOは検索エンジンから。
SNSは、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、YouTubeなどから。
WEB広告はGoogle広告、Yahoo!広告、Facebook広告などがあります。

ホームぺージへの集客というと、なぜかSEOだけを考える会社が多いのですが、SEOだけにこだわるのは効率が悪いでしょう。

上記をすべて使って集客するのが、最も早く、最も効率的に売上・利益を上げることができるのは言うまでもありません。

特にWEB広告をうまく使うことができれば、広告費をかければかけるだけ売上・利益が増大していくという、自動販売機のような仕組みを作ることができます。

しかし、WEB制作の会社で、SEO、SNS、広告とすべての集客方法についての知見を持っている会社は少ないのではないでしょうか。

②購入してもらうには

自社の商品を買ってもらうには、商品に価値がなければなりません。当たり前の話です。

では、あなたの会社の商品・サービスは、世の中に唯一無二のもので、あなたの会社でしか購入できないものでしょうか?

ほとんどの場合、そんなことはないと思います。

必ず競合の商品・サービスが世の中には存在しているはずです。

では、お客様は、なぜそれら競合の商品・サービスではなく、あなたの会社の商品・サービスを購入しなければならないのでしょうか?

あなたの会社の商品・サービスは、お客様にとって、他の商品と違うどんないいことがあるのでしょうか?

多くのWEB制作業者は、あなたの会社の商品・サービスをWEBサイト上で紹介するときに、会社側の説明をそのまま記載することがほとんどです。

しかし、それでいいのでしょうか?

会社側が考える自社商品の価値と、お客様側が感じる価値が違ったら?

ご存じの方は多いかもしれませんが、あるメーカーが発売した「海苔切りはさみ」のことをご存じでしょうか?

これです。

このはさみ、発売当初は全く売れませんでした。しかし、あることがキッカケで爆発的に売れました。

そう、シュレッダーハサミとして売れたんですね。それは、顧客リサーチからはじまったのです。

顧客にヒアリングをしたところ、海苔を切ってもらうつもりだったのに、文書をシュレッドするために使っていたんですね。そこから用途を変えた訴求をすることで、爆発的に売れるようになったのです。

本来は商品開発もマーケティングの機能の一部です。しかし私たちに依頼されるのは、すでに開発された商品であることがほとんどです。

そのため、その商品を売るために、特徴、メリット、デメリット、ベネフィット、他社商品との違いを明確にして、差別化して訴求します。

③リピーターになってもらいたい

一度購入していただいたお客様とは長期的にお付き合いしたいですよね。

新規客に買ってもらうより、既存客に買ってもらうほうが、はるかに簡単ですから。

しかし、リピーターを創り、育てる仕組みがない会社が多いという実感があります。

あなたの会社は既存客と定期的にコミュニケーションを取る仕組みがあるでしょうか?

定期的にコミュニケーションを取るためには、リストが必要です。お客様のリストです。

江戸時代の商人は、火事になったときに、真っ先に持ち出すのが顧客台帳だったと言われています。

店が焼失しても、顧客台帳さえあれば、復活させることができるからです。

このように重要で価値のある顧客台帳(リスト)を持たない会社、持っているのに有効活用できていない会社があまりにも多いように感じます。もったいないことです。

リストがあって、LINEやメールで既存客とコミュニケーションを取れている会社もありますが、読む気にならないLINEやメールの何と多いことでしょう。

私たちは費用対効果の高いリストマーケティングを提案することができます。

SEO×SNS×リストマーケティングでWEB上に御社の集客システムを作りませんか?

岡山・倉敷でWEB集客のことなら私たちにお任せください。
株式会社グッチラボ


集客型HP制作


SNS集客


MEO対策

WEB
マーケティング

リスト
マーケティング

YouTube
動画制作

050-3740-8402
メール問い合わせ