SEO対策会社が推奨するSEO対策の大嘘を証明します

SEO対策 ホームぺージ集客コラム

先日、Facebook広告のリサーチをしていて、とあるWEBマーケの会社が出稿している広告に目がとまりました。

最新のSEO対策の無料WEBセミナーの広告です。

私もSEOが主な集客手段であるので、最新情報はキャッチアップしておかなければなりません。

ということで、その無料セミナーに参加しました。

結構な顧客数を抱えていらっしゃる会社のようです。

どんな最新情報が聞けるのだろうと期待して参加しました。

2時間くらいのセミナーだったのですが、途中で退室したくなってしまいました。

まあ、最後にどんなバックエンドが出てくるのか確認したかったのと、どんなクロージングをするのか興味があったので、最後まで視聴しました。

SEO対策会社が推奨する施策とは?

時間が短いのでSEO対策のすべては話せないということで、最低限やって欲しい施策というのが4つ紹介されました。

①タイトルにキーワードを含める
②メタディスクリプションを記述する
③メタキーワードを記述する
④表示速度を早くする

これをしっかりやれば、それだけで順位上がるのに、やってない会社が多すぎます、とかなんとか力説されていました。

もうね、アホかと。

SEOの本質がまったくわかっていない業者さんでした。

SEOの本質は検索ユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを満たすことですよ?

上記4つの施策はやってもやらなくても、検索順位にはあまり影響しないことをお伝えします。

タイトルにキーワードを含めなくても上位表示される

まずは「タイトルにはキーワードを含めましょう」という施策からいきましょうか。

タイトルに狙うキーワードを含め、しかもできるだけ、左側に入れる、というのはSEO対策の基本中の基本です。

これについてはやったほうがいいと思います。

しかし、検索エンジンの進化によって、狙うキーワードが入っていなくても、上位表示されます。

Googleが本文の単語だけではなく、文脈を理解できるようになってきているからです。

2年以上前に私が書いた記事を例に説明します。

エタノールを飲むとどうなる?知らないと酔っぱらうだけではすまないかも!

最初に狙ったキーワードは「エタノール 飲む」でした。

誰がこんなキーワード検索するんだ? と思われたかもしれませんが、毎月約1万PVある記事です。

過去16か月間で164,678PVなので、月間平均が約1万PVです。滞在時間も6分を超えています。

この記事は、「エタノール 飲む」というキーワード以外にも、さまざまなキーワードで上位表示されています。過去16か月間ずっと1位です。

例えば、「消毒用アルコール 飲む」というキーワードでも1位になっています。

タイトルに「消毒用アルコール」というキーワードはありません。

それでも長らく1位です。

タイトルにキーワードを入れたほうがいいけど、入れなくも上位表示はされます。

メタディスクリプション・メタキーワードを記述する必要はない

メタキーワードはそもそもGoogleロボットが読んでいないので、記述する必要はありません。

メタディスクリプションのほうは、Googleロボットは読んでいますが、自分が設定したディスクリプションが必ず表示されるわけではありません。

これも先ほどの記事を例に説明します。

そもそも、この記事には自分でメタディスクリプションを設定していないのですが、ワードプレスの機能で、本文の最初の数十文字が勝手にディスクリプションに設定されています。

しかも、ディスクリプションは検索キーワードによって、表示される内容が変わります。

これは、Googleが、その検索キーワードに適したディスクリプションにしているからです。

記事を書いた本人が設定したディスクリプションが適切でないと判断されると、Googleが勝手に適切な内容に書き換えてしまうんです。

※書き換えるといっても、記事本文の中から、検索キーワードに近い文章を抜き出すだけです。

Googleが適切なディスクリプションを表示してくれるのに、わざわざ自分で設定する必要あります?

メタディスクリプションなんて気にしなくても上位表示されます。

表示速度はストレスを感じない程度でOK

特にモバイルで検索したときの表示速度が検索順位に影響するということがよく言われます。

でも、これもウソですね。

もちろん5秒も10秒もかかっていては、ユーザーはストレスを感じるでしょうが、世間で言われるほど、表示速度はSEOに影響しません。

表示速度を数値化するツールがこちら。

PageSpeed Insights

これも先ほどの記事を例にすると、モバイルでの表示速度評価は53点。

決して高くはありません。

それでも、過去16か月間、さまざまなキーワードで1位をとっています。

まとめ

SEOの本質は検索意図を満たすことです。しかも検索ユーザーでさえ気づいていない潜在ニーズまで満たすこと。

メタディスクリプションが大切です!表示速度を速くするために画像を軽くしましょう!

なんて言うようなSEO業者には頼らなくでも大丈夫ですよ。

関連記事