岡山に観光に来られた方に本当におすすめできるお土産は何か?人気のお土産品を自分で買って試して、ランキングしてみました。

岡山のお土産というと「きびだんご」というあまりにも有名な土産品があるので、その陰に隠れてしまいますが、岡山の名品といえる土産物もたくさんありますよ。

送る人に「センスいい!」と思われる岡山土産を地元民がこっそり教えます。

岡山観光の終わりに、お土産を買わなきゃ!というとき、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

紹介された回数順!岡山お土産ランキング

ちなみに、岡山のお土産としてWEBや雑誌で紹介されているものを「紹介された回数順」にランキングすると下記の通り。

 

1位きびだんご14回
2位完熟トマトゼリー8回
2位大手まんぢゅう8回
4位マスカットきびだんご7回
4位むらすゞめ7回
6位きび田楽6回
6位清水白桃プリン6回
6位白十字のワッフル6回
9位高瀬舟羊羹5回
9位塩ぽんず5回
9位藤戸まんぢゅう5回
12位津山ホルモンうどんセット4回
12位ひるぜん焼きそばセット4回
12位つるの玉子4回
12位えびめし炒めご飯の素4回

やっぱりきびだんごは強いですね。実際きびだんごは子供にも大人気で、大人でもお茶請けにできます。老若男女に喜ばれるお土産ですね。

それでは、まず、上記のランキングとは別に、地元民が自信をもっておすすめしたい岡山のお土産5選をご紹介します。ここから選んでおけば、間違いないというお土産品です!

それら5選のあとに、岡山土産のメジャーなものから、知る人ぞ知るものまで、ランダムにご紹介します。ぜひ参考にしてください!

これを買っておけば間違いなし!We Love 岡山編集部おすすめ岡山土産5選

きびだんご

なんだかんだいっても、きびだんごは喜ばれます。きびだんごって実はいろんな種類があるのをご存知でしょうか?プレーンが一番人気ではありますが、ほかにもおすすめきびだんごがあります。お土産にするより、自分でも食べたいって絶対思うきびだんごを見つけたので紹介します! 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
廣榮堂 元祖きびだんご

大手まんぢゅう

岡山土産として常に上位にランクインする大手まんぢゅうは、実は転勤のときの挨拶まわりなど岡山県内で手土産として持参するものとしては圧倒的な人気があります。北海道産小豆を原料に特製の白双糖で練り上げた餡を、うすーい皮で包んだ饅頭です。

岡山って質の高いお米がとれるのですが、その良質の備前米を材料に甘酒を作り、これに小麦粉を混ぜながら発酵させて生地を作ります。その生地でこしあんを包んでいます。

出来立ての大手まんぢゅうは、包みを開けたときに、フワッと甘酒のいい香りがします。そういえば甘酒もこのところブームっぽいですね。岡山のお土産として、定番、安定の人気商品です。 【もっと詳しく読む

葡萄烏龍と白桃ダージリンセット

世界のお茶専門店ルピシアの岡山限定フレーバーティです。「白桃ダージリン」と「葡萄烏龍」のセット。単品でも購入できますが、岡山といえば、桃とぶどう!ここはセットでの購入がおすすめです。桃の紅茶っていうのは他にもありますが、葡萄烏龍はなかなかないですよ。個人的にも葡萄烏龍は超絶おすすめ!

それぞれの感想はこちらをご覧ください!

【参考】岡山駅で買えるお土産「ルピシアのぶどう烏龍茶」は絶対おすすめ

【参考】岡山土産に最適!ルピシアの岡山限定白桃ダージリンを買ってみた

モーツアルトのダッチパイ

すみません。おすすめと紹介しておきながら、このダッチパイを買えるところは1ヵ所しかなく、しかも岡山駅からは少し離れています。

お土産として買って帰ろうと思ったら、わざわざ買いに行かなければなりません。でも、わざわざ買いに行く価値はあると断言しましょう。洋菓子嫌いという人でない限り、このダッチパイを否定した人を私は今まで見たことがありません。

岡山で超有名なパティスリー「モーツアルト」のダッチパイは、さくさく&しっとりパイの上にアーモンドが一面に敷き詰められています。

香ばしいナッツの香りと、さわやかで甘酸っぱいレモンピールの香りがハイレベルに調和しています。ちょっと渋めのダージリンなど最高に相性がいいと思います。

見た目もインパクトあるので、印象に残るお土産になりますよ。

【参考】ダッチパイを買えるモーツアルトはこちら

生チョコもち

きびだんごのバリエーションなのですが、あまりにも美味しいので、きびだんごとは別に紹介します。

甘さ控えめの生チョコを、もちもちのきびだんごで包んでいます。

トリュフみたいな見た目もエレガントで高級感ありませんか?(写真の撮り方が素人ですみません)


もちもち食感のおもちの中になめらかに口の中にとけていく生チョコの風味がたまりません!6個入りとか「あっ」という間に食べつくしてしまうでしょう。

これは自分用のお土産にしたい商品です。【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
生チョコもち12個入り

スポンサーリンク

一回、まとめ

以上、5つのお土産品を紹介しました。和菓子、洋菓子、お茶となりました。もちろん人によっては「もっといいお土産品がある!」と違うものをおすすめする人もいるでしょう。

それに、お土産を贈りたい相手の好みと合わないということもあるかもしれません。そんなときは、以下をご覧ください。

まだまだある!あげて喜ばれる岡山のお土産セレクション

独歩ビール

今では全国にある地ビールですが、岡山の地ビールである独歩ビールは全国で9番目、中国地方では一番最初に製造を開始した地ビールです。1996年~1997年にかけての年には地ビール生産量全国一位になったという実績もある人気ビールなんです。

独歩にもいくつか種類があるのですが、濃厚な味のデュンケルは、作家の椎名誠さんのお気に入りだとか。

お土産として買って帰るにはちょっと重たいですが、「マスカットピルス」「ピーチピルス」といったフルーツフレーバーの独歩は女性に喜ばれるかも。 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
独歩 飲み比べ6本セット

清水白桃プリン

岡山県産の清水白桃のももピューレを使ったプリンです。プリンといっても卵は使われていないので、卵アレルギーの人も大丈夫。プリンとゼリーの中間のような食感です。

まったりしているけど、上品でスッキリした甘さが人気です。清水白桃といえば、桃の女王と言われる究極の桃です。ちょっとお高いですが、これ嫌いという人はあまりいないと思いますよ。 【もっと詳しく読む】

完熟トマトゼリー

2008年の「新・食わず嫌い王決定戦」の芸能人ご用達お土産ランキングにおいて、年間1位になり大ブレークしたのが「完熟トマトゼリー」です。

当時は岡山県産の「桃太郎トマト」を使用していたのですが、今は牛窓産のミディトマトを使い、トマトピューレのゼリーの中にミディトマトを丸ごと1個入れたボリューミーなゼリーです。

ミディトマトは桃太郎トマトよりひとまわり小さいのですが、濃厚さと自然なフルーツのような甘味は桃太郎トマト以上です。

トマト嫌いな子供でも、このトマトは「美味しい」というくらい絶品のトマトです。

これ、贈答品としてもらったら、かなり嬉しいと思いますよ。送ったあなたの評価も上がるはず!? 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
完熟トマトゼリー

高瀬舟羊羹

高瀬舟の形をした容器に個包装された極上羊羹。上部の砂糖が糖化してシャリシャリになった頃が食べごろ。日本茶との相性抜群です。

高瀬舟羊羹の製造元である古見屋羊羹は明和元年(1764年)創業で250年以上の歴史を持つ超老舗!

この高瀬舟羊羹、明治天皇や昭和天皇にも献上されたことのある銘品なんですよ。 【もっと詳しく読む

むらすゞめ(むらすずめ)

岡山県の中でも最も有名な観光スポット倉敷の銘菓です。「むらすゞめ」は株式会社橘香堂の登録商標。味はどら焼きです。橘香堂は明治10年(1877年)創業の老舗です。「むらすずめ」という商標で同じようなお菓子を他社も販売しています。普通に食べたら味の違いはわかりませんが、元祖は「むらすゞめ」です。

倉敷美観地区には橘香堂の店舗があり、そこでは「むらすゞめ」を自分で作る体験コーナーがあります。倉敷観光に来られたら、自作の「むらすゞめ」を食べてみるのも楽しそうですね。 【もっと詳しく読む

白十字のワッフル

ワッフルというとベルギーワッフルのような、カリッと&しっとり食感の生地をイメージすると思いますが、このワッフルは違います。

ハチミツの風味豊かなふわんふわんの生地でカスタードクリームをはさんだケーキみたいなワッフルです。

地味な見た目とは裏腹に、一口食べると懐かしい、優しい味が広がります。何というか、安心できる味なんですよね。

岡山で50年以上販売されているロングセラーです。 【もっと詳しく読む

ひるぜん焼きそばセット

2011年の第6回B-1グランプリで脚光を浴びたご当地グルメ「ひるぜん焼きそば」。今、東京では焼きそばがブームだとか。その背景にあるのが、ひるぜん焼きそばをはじめとするご当地焼きそばだと思います。

岡山県北にある蒜山は観光スポットとしても人気です。ジンギスカンを食べるのが盛んな土地で、昔からジンギスカンのタレをアレンジして焼きそばを作っていたようです。

濃厚なジンギスカンの味噌タレを少し甘くして、かしわ肉、キャベツとそばを炒めます。

ソース系の焼きそばでは、ここまでキャベツの旨みは引き出せません。麺の代わりにご飯を炒めても美味しいと思いますよ。

そのひるぜん焼きそばのセット(麺とタレ)をお土産用に! 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
ひるぜん焼きそば

つるの玉子

130年の歴史がある岡山銘菓。マシュマロの中に黄身餡が入ったお菓子です。最初に作られたのが1887年ですから明治時代ですよ。

明治時代に洋風のマシュマロ作るなんてハイカラですね。

もともと和菓子職人だった創業者が、その当時日本に入ってきたマシュマロの製法を学び、この技術と和菓子の良さを組み合わせたものを作りたいと思ったんですね。

そのとき、たまたま見た後楽園の鶴にインスピレーションを得て、つるの玉子に見立てて作ったということです。

マシュマロが紅白2種類あるので、贈答品としても人気が高いお菓子です。 【もっと詳しく読む

津山ホルモンうどんセット

ひるぜん焼きそばと並ぶ、岡山のご当地グルメ。津山ホルモンうどん。岡山県北の津山市発祥の焼うどんです。生うどんとタレがセットになっています。

津山といえばB’zの稲葉さんやオダギリジョーさんを生んだイケメンの町。

その津山には50年以上前からホルモンうどんを提供する店があります。津山は畜産が盛んで、牛の解体処理の過程でたくさんの臓物部分(ホルモン)が出ていました。それを有効利用しようと、焼きうどんにホルモンを混ぜ合わせたものが始まりのようです。

プリップリのホルモンと野菜、うどんを特製の甘辛タレで炒めた焼うどんはビールとの相性抜群!ホルモンが嫌いという人は豚バラ肉にしても美味しいですよ。 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
津山ホルモンうどんセット

備前玉

備前焼と同じ土を使って作った玉。地味すぎる商品ですが、その効果は地味ではありません!

備前焼は鉄分の多い土を1,200℃という超高温で2週間焼き続けます。その結果、遠赤外線効果が生まれるのです。

その効果は「水をおいしくする」ことを基本にして、さまざまに利用できるのです。

黒豆が美味しく炊けたり、生花が長持ちしたり、ご飯が美味しく炊けたり、自然のパワーを感じます。

自分で買って帰りたくなるかもしれませんよ。 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
備前玉

備前焼

1,000年の歴史を誇る備前焼。備前焼作家の中から5名の人間国宝が生まれています。今や備前焼は日用品としてだけではなく、陶芸品としても人気です。中には6桁以上する作品もあるのです。

備前焼のビアグラスにビールを注ぐと、本当に不思議なことに泡立ちがきめ細やかになります。そしてまろやかになって美味しい。ビールだけでなく、日本酒や焼酎も美味しく飲めます。

お酒だけではなく、コーヒーや紅茶も。備前焼という和食器でコーヒーを飲むなんて、ちょっとオシャレじゃないですか? 【もっと詳しく読む

藤戸饅頭

藤戸饅頭は岡山県倉敷市藤戸町にある老舗菓子店の銘菓。

こしあんを薄皮で包んだ饅頭です。

岡山のおみやげ物として人気の大手饅頭と見た目が同じなので、よく混同されるみたいですね。確かに大手まんぢゅうと見た目は同じです。

大手饅頭と藤戸饅頭、一体何が違うのでしょうか? 【もっと詳しく読む

えびめしの素

えびめしとは、ごはんにエビなどの具を入れてソース味に仕上げた焼き飯です。

岡山、倉敷に「えびめしや」という洋食店があり、そこで提供されているのが人気メニューの「えびめし」です。

それを家庭でも簡単にできるようにと作られたのが「えびめしの素」です。 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
えびめしの素

きび田楽

「きび田楽」は、細かく砕いたクルミを練り込んだ四角いお餅に、たっぷりときな粉をまぶした、田楽のような形をした和菓子です。個包装されていて、つまようじに刺さっています。

きびだんごとはちょっと違った和菓子です。 【もっと詳しく読む

塩ポン酢

一風変わったお土産として喜ばれるのが岡山駅で買える倉敷味工房の「塩ポン酢」です。

2007年か2008年だったでしょうか。倉敷鉱泉が製造販売する「塩ぽんず」はテレビ朝日の番組「タモリ倶楽部」で紹介されたことがあります。

それをきっかけに全国的に有名になったんですね。リピーターも続出だとか。お値段はお高いですが、本当にいいものはリピートされるということでしょう。

倉敷鉱泉の塩ぽんずは、エグミのないまろやかな塩味が特徴ですが、ゆず、すだちのさわやかな柑橘の香りが広がります。 【もっと詳しく読む

【オンライン購入はこちら】
倉敷塩ポン酢

WE LOVE 岡山編集部