岡山土産

生チョコもち(岡山駅で買えるお土産)が最敬礼してしまうくらい美味しかった件

投稿日:2017-08-01 更新日:

岡山土産ランキングに絶対入れたい「生チョコもち」

生チョコもちはきびだんご製造メーカー「広栄堂武田」のお菓子。甘さ控えめの生チョコを、もちもちのきびだんごで包んでいます。

こちらでも紹介しましたが、数あるきびだんごの中でも絶品です。きびだんごという名前はついていませんが、きびだんご製造メーカー「広栄堂武田」の商品でありますので、きびだんごのバリエーションと考えています。

スポンサーリンク


岡山観光に来られた際のお土産として、おすすめしたい商品(自分用にも買って帰りたい)です。

 

生チョコもち成分

砂糖、植物性油脂、全粉乳、生クリーム、カカオマス、ココアバター、麦芽糖、もち粉(もち米【国産】)、牛乳、ココアパウダー、卵たん白、水あめ、脱脂粉乳、乳脂肪、食塩、トレハロース、乳化剤、酵素、香料、メタリン酸Na、pH調整剤、(原材料の一部に大豆を含む)

 

生チョコもちのお値段

12個入り・・・1,029円(税込)オンラインで購入する

6個入り・・・515円(税込)オンラインで購入する

 

岡山駅で買える場所

生チョコもちは岡山駅2Fさんすて館で購入できます。

自宅でチョコもち

チョコともちの組み合わせって結構あって、家庭で簡単に作れるレシピもたくさんありますね。

「チョコ餅☆マクロビ」とか美味しそうですよ~。

 

生チョコもちの口コミ、評判

表面と中のチョコは甘すぎず、中身は餅の柔らかさでいっぱい・・・・ チョコ系なお菓子があまり好きでない私も、これは何も言うことありませんw子供から大人まで、老若男女問わずに愛される味だと思います。岡山の新名物!?と勝手に言ってしまいましょう・・・・・^-^;
岡山のきびだんごと言えば広栄堂武田が元祖ですが、最近は生チョコもちの売れ行きがすごいと言う噂を聞いて取り寄せたのですが、本当に美味しかった。ここの生チョコもちより美味しいお菓子はあると思いますが、CPは抜群でした。
友人が「とてもおいしいから食べてみて」と送ってくれました。もちとチョコの組み合わせに驚きましたが、見た目はトリュフに似ています。食べてみるとモチモチした食感になめらかな甘さ控え目のチョコレート。もちとチョコレートって相性抜群です。独特の食感が癖になり、あっと言う間に完食してしまいました。値段もお手頃なので今度は自分で購入します。
生チョコと餅の相性が絶妙です。味的にはもちクリームに似てる感じですが、手軽につまむには勿体無い美味しさ。バレンタインの頂きものですが、自分でも取り寄せたいと思ってます。
広栄堂武田はきびだんごの店では????モチクリームみたいに、生チョコをおもちで包んでまわりにココアの粉がコーティング。あまり甘くない生チョコとお餅はなかなかおいしい。でもきびだんごのほうがヘルシーで好き。

 

きびだんご豆知識

生チョコもちを製造販売しているのは「広栄堂武田」という会社なのですが、もうひとつ、きびだんご製造メーカーに「廣榮堂本店」という会社があります。

スポンサーリンク


しかもこの2つのお店、並んで建っています。

創業者は同じ武田半蔵さんで、もともとは同じ「廣榮堂」という和菓子屋さんでした。

それが、分かれちゃったんですね。大人の事情でしょうか。昭和三十年代前半に「廣榮堂本店」という会社が設立されました。

その後にもう一方が会社を設立するのですが、「廣榮堂」が登記できず、「広栄堂武田」になったとか。

どんな事情で分かれたのかはわかりませんが、今もお隣さんで営業しているということは、喧嘩別れではないんでしょうね。

ちなみに、きびだんごの歴史は150年以上になりますが、1885年(明治18年)に明治天皇が岡山に行幸の際、きびだんごが献上されたそうです。

明治天皇は、たいへん美味ということで「日本にふたつとあらぬ吉備団子/むべあじわいに名をえしや是」の一首を詠まれたそうです。

うーん、なんだかきびだんごが尊いものに思えてきました。

 

岡山観光の帰りにお土産を買おうと思ったけどれがいいの?

他に何かお土産を買おうというときは、岡山駅構内でも買えるお土産はたくさんあります。

何を買おうか迷ったときはこちらのお土産ランキングを参考にしてみてください。

⇒生チョコもちの他には?岡山のお土産おすすめランキングはこちら

スポンサーリンク


WE LOVE 岡山編集部

-岡山土産

Copyright© WE LOVE 岡山 , 2017 All Rights Reserved.