「純粋倫理と福神様」【杉本直哉さんセミナー】第464回経営者モーニングセミナー

経営者セミナー

今日の経営者モーニングセミナー講師は、岡山市南倫理法人会運営委員の杉本直哉さんでした。

テーマは「純粋倫理と福神様」。

毎週火曜日から土曜日まで週5日、各地の経営者モーニングセミナーに参加する倫理マニア。

そして素晴らしいエンターテイナーです。ビジュアルから楽しませてくれました!

農機具の販売、自然栽培農業、障がい者の就労支援をされている方です。

今日の話を聞いていて思ったのは、「ああ、この人はまさに風の時代の人だな」ということ。

これから杉本さんのような方が活躍する時代になっていくなと思っています。

特にここ10年くらいで時代が激変していることは誰もが感じているはずです。

今日はセミナーのまとめとともに、激変の時代に取り残されないようにするために必要な視点についてまとめてみました。

土の時代から風の時代への変化に適応して幸せに生きるために必要な視点です。

私も意識して実践したいと思っていることをまとめました。

セミナーまとめ

10年ほど前に農機具販売の事業で起業した杉本さん。

しかし「買ってください」と言えない性格で営業が苦手でした。

当然売れません。

目をかけていただいていた方の仕事をしながら事業を継続していました。

農機具販売の仕事をしながら、自然栽培による野菜の生産・販売事業も行います。

しかし、自然栽培は肥料を使わず、土の力だけで育てる栽培法です。

いわば、ご飯を与えずに成長しろというようなもの。

商品として販売できる野菜を生産できるようになるまで数年かかりました。

農機具・農業だけではやっていけず、障がい者の就労支援事業のうちA型事業に参入します。

農業での障がい者雇用を考えていました。

認可を受けるまではかなり苦労したようです。

事業をスタートしてからは、障がい者に仕事に誇りを持って働いて欲しいと、生産効率の悪い自然栽培による本物の野菜作りを続けました。

ほとんど収穫できない年が続きますが、試行錯誤の上、ある程度の収穫ができるようになります。

収穫した野菜の美しさに感動するとともに、就労支援で障がい者の成長に喜びを感じる仕事でした。

でも儲からない。

10年経営して、儲からないから会社をたたもうと思っていたときに出会ったのが倫理法人会でした。

最初は朝6時からのセミナーなんか行けるか、と思っていました。

しかし、誘ってくれた仲間のポジティブ発言に影響を受けて、モーニングセミナーに参加するように。

これまでも人生の危機に直面したときには、良い方向へ導いてくれる人との出会いがあったそうです。

今回もそうだったのかもしれません。

モーニングセミナーに参加していると、純粋倫理の考え方に納得できるようになり、いつの間にか週5回モーニングセミナーに参加するようになりました。

最初は、自分より先に入った先輩の純粋倫理知識に追いつくことが目的でしたが、今では参加してメンバーと会うこと自体が楽しいそうです。

岡山県内には8つの支部がありますが、そうした垣根を超えて、チーム岡山でみんなが楽しめる会にしたいという想いが生まれているそうです。

風の時代に幸せな人生を送るには?

風の時代とは?

2020年後半から風の時代に入ったと言われています。

風の時代とは、西洋占星術の時代区分の考え方です。

約200年ごとに

【水の時代】→【火の時代】→【土の時代】→【風の時代】 と巡るそうです。

ちなみに前回の風の時代は1186年~1425年とされていますが、この時代ペストが大流行しました。

そして今回の風の時代はコロナ。

既視感があって怖いですね。

さて、風の時代とはどんな時代かというと、社会のトレンドの変化が激しい時代です。

米津玄師が現れた頃から顕著になってきた気がします。

最近では、TikTokからバズって紅白に出場したYOASOBI。

noteで書いていた小説が書籍化されたり。

Twitterで一夜にして有名人になったり。

これまで曲を出すにも、小説を出版するにも、高いハードルがありました。

タレントは芸能事務所が金かけて売り出すというのが常識でした。

しかし、今では個人でも一瞬にしてトレンドを作り出すことができる時代です。

土の時代と風の時代の一番の違いは、積み重ねるか、広がるかの違い

土の時代の価値観は次のようなものです。

組織・物質的な豊かさ・生産性・効率・安定・お金・所有

一方、風の時代の価値観は違います。

個人・情報・つながり・体験・循環・シェア・心の豊かさ

端的にいうと、物質の世界から、つながり・心の世界への転換です。

土の時代は縦に積み重ねるというイメージ。風の時代は横に広げるというイメージ。

所有ではなくシェアの時代とも言えます。

風の時代に人々が求めるものとは?

ここ数年オンラインサロンが流行っていますが、最近のオンラインサロンはノウハウを求める場ではなく、つながり・共感・体験を求める場へと変化しています。

このような時代には、人の意識は本質的なものに向かいます。

フェイクは見抜かれる時代です。

芸能人のステマが通用するのは土の時代まで。

ステマが袋叩きに合うようになったのは、風の時代の訪れだったのかもしれません。

風の時代は、本質・自然が求められる時代です。

そして、風の時代のキーワードは「I」ではなく「We」だと言われています。

「I」が満足すればよいではなく、「We」を満たす「貢献」できる人に光が当たる時代です。

「We」とは同じ方向を向いて進む仲間のこと。

これまでは国、県、市、町という行政単位の共同体が主流でした。

しかし多くの人が感じているように共同体はすでに崩壊しています。

でも、人間は何かしらの共同体(社会)の中でしか生きられません。

問題はどの共同体に所属するかです。

今はオンラインでつながることができる時代なので、空間を超えたコミュニティがたくさん存在します。

どんな価値観を持つコミュニティに所属するかで、人生の豊かさが大きく変わる時代です。

これまでも出会う人によって人生は変わると言われてきましたが、これからはそれが加速します。

さて、今日の講和者の杉本さんは、本物の野菜という本質にこだわり、「We」を大切にしている人なんだろうと。

だから、風の時代の人だなと思ったわけです。

今までかなりの苦労をされたようですが、それは時代が杉本さんに追いついていなかったから。

これからは杉本さんのような人の時代です。

次週モーニングセミナー予定

2021年3月10日(水)のモーニングセミナーは、津山市倫理法人会副会長 佐田時信さんをお迎えします!

テーマは「?(ハテナ)で考えれば人生は100倍おもしろい」です。

岡山市南倫理法人会・経営者モーニングセミナーは毎週水曜日6:00~7:00に岡山県護国神社いさお会館で実施されます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_8136-min-1024x768.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5576-1024x683.jpg

朝日に輝く岡山県護国神社に早朝から訪れることで、良い1日になりそうです。

倫理法人会に興味を持っていただいた方は、お気軽に会場までお越しください。

そうそう、倫理法人会のことを調べて、「なんか怪しい団体じゃない?」と思った人はこちらの記事を読んでみてください。

倫理法人会は宗教だ!おかしい!怪しいという悪評に反論してみた

関連記事