LPのコンバージョン率(CVR)は平均的にどれくらい?

ホームぺージ集客コラム

広告費をかけてランディングページにアクセスを集めるなら、コンバージョン率の高いLPのほうがいいに決まっています。

しかし、そもそもの目安としてコンバージョン率はどの程度あればいいのでしょうか?

目安がなければ、自社のLPを客観的に評価することができません。

ここでは、平均的なLPのコンバージョン率について調べたことをまとめています。

業種別LPの平均的なコンバージョン率

ネタ元がどこかわかりませんが、業種別のLPのコンバージョン率として、次のようなデータがありました。

コンサルティング・ファイナンス 10%
メディア・出版 10%
教育・医療 8%
ソフトウエア・クラウド 7%
ハードウエア・技術機器 5%
製造業・4%
旅行業・サービス業 3%
EC小売 3%
非営利団体 2%

どこまで信ぴょう性があるかはわかりません。こういうデータもあるんだね、くらいに思っておくのがいいかもしれません。

コンバージョン率の目安など本当はない

こんな記事を書いておいて言うのもおかしいのですが、そもそもLPのコンバージョン率に目安はないと思います。

LPの構成によっても変わるし、そもそもどんな経由でLPにアクセスされたかによってもコンバージョン率は変わります。

検索連動型広告から、ダイエットサプリのLPに来た人と、Facebook広告から同じLPに来た人では、ニーズの強さが違いますので、コンバージョン率は当然変わってきます。

キーワード検索で「ダイエットサプリ おすすめ」と検索してLPに来た人と、Facebookを見ていて、クリックしたらたまたま広告だった、という人では購買意欲が全然違います。

また同じキーワード検索からの流入でも、具体的なサプリ名で検索した人と、「痩せる方法」というキーワードで検索した人では、ダイエットサプリへの購買意欲は異なります。

だからコンバージョン率の目安を求めるのは難しいです。

私自身の例でいっても、あるECサイトで同じような商品を売っても、LPによって下記のように差が出ます。

LP① 186クリック 22コンバージョン
LP② 228クリック 10コンバージョン

CVRはそれぞれ、11.8%と4.4%と倍以上の差があります。

LP①もLP②も広告は使わずに自然検索経由での流入です。

私自身がLPのコンバージョン率について持っている基準は1%です。

1%以下であれば、そのLPは価値がないと考えます。

(もちろん超高額商品を売るなら0.5%とかでもいいんですけどね)

コンバージョン率の平均を気にすることも必要ですが、もっと重要なのは、LPを運用してキャッチコピーを変えたり、画像を変えたりすることでコンバージョン率がどう変化するかという経験値を高めることです。

関連記事