エタノールを飲むとどうなる?知らないと酔っぱらうだけではすまないかも!

薬局で買ってきた消毒用エタノールを見ていると、ふと、「これ飲めるのかな??」なんてしょうもないことを考えてしまいました。

そういえば、高校生のとき、化学の先生が変わった人で、エタノール(エチルアルコール)とメタノール(メチルアルコール)の違いを

「エチルは胃散る、メチルは目散る、だからメチルアルコールは飲んじゃいかん」

なんて言っていたのを思い出しました。

メチルアルコールは飲んだら失明します。

一方、エタノール(エチルアルコール)は飲むとどうなるんでしょう?

「お酒の濃度高いやつ」くらいに思っていると、実際飲んだらとんでもないことになるかもしれませんよ?

ここでは、エタノールを飲むとどうなるか?についてみていきましょう。

スポンサーリンク


飲んでも大丈夫なエタノールと大丈夫じゃないエタノールがある

エタノールには実は飲んでも大丈夫なものと、飲むとヤバいやつがあります。

飲んでも大丈夫なエタノールは酔っぱらうだけです。

まあ、のどが焼けるかもしれませんが。

もちろん普通のお酒と同じように飲みすぎると急性アルコール中毒になる可能性はありますよ。

飲んでも大丈夫なエタノールは、いわばお酒と同じです。

一方、飲むとヤバいエタノールは飲むと大変なことになります。

(厳密にいうと、エタノールではなく、混合されている物質がヤバいです)

それを飲むと、


  • 中枢神経系、血液、肝臓、腎臓などやられる恐れがあります
  • 鼻、喉、気管支などの粘膜や肺がやられます
  • 眼の粘膜を刺激します
  • 生殖能または胎児への悪影響の可能性もあります

 

どうですか?ヤバいでしょ?

じゃあ、飲むとヤバいエタノールって何でしょう?

エタノールには3種類ある

エタノールには実は3種類ありまして、


  • 無水エタノール
  • エタノール
  • 消毒用エタノール

 

この3つです。

それぞれ何が違うのでしょうか?

無水エタノール

無水エタノールは15℃でエタノールを99.5%以上含むものを言います。

地上最強のアルコールですね。

さぞ、消毒効果が強いかと思いきや、消毒効果はほとんどないそうです。

ここまでのアルコール濃度にするには、普通に蒸留するだけでは無理なんです。

この濃度のエタノールを作るには、エタノールと水にベンゼンを混ぜて蒸留することが必要です。

つまり、無水エタノールにはベンゼンが混じっている可能性があるんですね。

これを水で薄めて飲むということは、ベンゼンを飲む可能性があるということです。

ベンゼン飲んだらヤバイですよね。

胃に穴開くかもしれませんよ。

まあ、そこまでの濃度ではないと思いますが。

無水エタノールは飲んだらヤバイエタノールです。

エタノール

次にエタノールというのは、15℃でエタノールを95.1〜95.6%含むものを言います。

この濃度のエタノールは普通に蒸留されて作られているので、飲みたかったら飲んでも問題はなさそうです。

ただし自己責任でお願いします。

間違いない美味しくはないと思いますよ。

消毒用エタノール

最後に消毒用エタノールですが、これは15℃でエタノールを76.9〜81.4含むもので、一般的に医療用消毒剤として使われます。

エタノールは80%前後の濃度にするのが、最も消毒効果を発揮するようです。

スポンサーリンク


この消毒用エタノールについては飲めるかどうかは微妙なところです。

というのが、消毒用エタノールって同じブランドで同じ量のエタノールでも、こんなに値段が違うんです。

消毒用エタノールIP 333円

消毒用エタノールIPA 943円

なぜここまで値段が違うと思います?

エタノールには酒税がかかっている

ここまで値段が違うのは、なぜかというと酒税がかかっているからです。

エタノールってお酒と同じ扱いなんですね。

逆にいうと、酒税がかかっているエタノールは飲んでも大丈夫です(多分)。

一方、酒税がかからず安くなるのはなぜかというと、飲用として利用できないように、添加物を加えているのです。

その添加物の代表が「イソプロパノール」という物質です。

別名「イソプロピルアルコール」というのですが、これは飲んだらヤバイやつです。

これを長期間飲み続けると、先ほど書いた

  • 中枢神経系、血液、肝臓、腎臓などやられる恐れがあります
  • 鼻、喉、気管支などの粘膜や肺がやられます
  • 眼の粘膜を刺激します
  • 生殖能または胎児への悪影響の可能性もあります

こんな危険があるわけです。

だから、安いエタノールは飲んではダメです!

というか、飲めるエタノールって500mlで1,000円近くするわけですから、それならもっと美味しい焼酎でも買ったほうがいいですよね。

エタノールを飲むのは違法?

ちなみにエタノールを飲むのが違法だと思っている方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。

エタノールを飲むこと自体は違法ではありません。

密造酒を作っているわけではないですからね。

同じアルコールでも「メタノール」は飲んではダメ

同じアルコールでもメタノールは飲んではダメです。

メタノールを飲むと、アセトアルデヒドより毒性の高いホルムアルデヒドになり、最終的に猛毒の「ギ酸」へと分解されます。

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質の一つ。

その気体は呼吸器などの粘膜を刺激して、呼吸困難などの症状を発症させることも。

また、ギ酸は頭痛や吐き気の原因となり、さらに視神経を損傷し、視力障害や失明に至ることがあるのです。

こんな危険なメタノールをわざわざ飲みたいという人はいないと思いますが、実は知らず知らずのうちに、私たちはメタノールを飲んでいるのです。

もちろん、大きな障害を引き起こすほどの量ではないのですが、ワインやウイスキー、ブランデーには少量のメタノールが含まれているのです。

アメリカFDA(食料医薬品管理局)によると、アルコール飲料中のメタノールの許容量は体積比で0.1%とされています。

1リットルのアルコールで約1gとなります。

ある調査によると、フランス産の赤ワインには1リットルあたり128㎎のメタノールが検出されたそうです。

FDA基準を超えるメタノールを摂取するとなると、9リットルくらい飲まなければならないので、普通にお酒を飲んでいて、メタノールを摂取しすぎるということはないでしょう。

ちなみに、メタノールの危険水準は

10㏄(小さじ1杯)で失明
30㏄(大さじ1杯)で致死

と言われています。

日常生活でお酒を飲んでも危険な量のメタノールを摂取することはないと思いますが、飲酒は控えめに、たまには休肝日を作りたいですね。

最後に

エタノールの話から、最後はメタノールの話に飛んでしまいましたが、消毒用エタノールは知らずに飲むと大変なことになるかもしれません。

添加物の入っていないエタノールなら水で薄めて飲むのもありですが、イソプロピルアルコールが含まれている可能性の高い安いエタノールは飲むのはやめておきましょう。

そして「エチルは胃散る、メチルは目散る」って覚えておくのもいいかもしれないですね。

スポンサーリンク


WE LOVE 岡山編集部

投稿日:

Copyright© WE LOVE 岡山 , 2017 All Rights Reserved.