1. TOP
  2. 新見そば田舎家(岡山)で食べた蕎麦がおいしさMAX

新見そば田舎家(岡山)で食べた蕎麦がおいしさMAX

岡山県指定天然記念物である「井倉洞」のちょうど真上にあるお蕎麦屋さん。

地元で栽培したそば粉を使っています。

二八そばをいただきましたが、新そばの時期だったこともあり風味が抜群!

一発でファンになりました。ちょっと遠いのが難点ですが、今度は蕎麦打ち体験に行って、自分で打った蕎麦を茹でてもらいたいと思っています。

 

新見そば田舎家へのアクセス

田舎家

バスでも行くことができます。

JR西日本伯備線井倉駅より、備北バス(豊永及び満奇洞行き)に乗り「植木松」で下車してすぐです。

車の場合は曲がりくねった山道を登っていくのでわかりにくいかもしれません。

私はNAVITIMEを使って何とか到着しました。

 

地図

 

ストリートビュー

 

基本データ

所在地 岡山県新見市草間8729-2
問い合わせ先 0867-74-2077
営業時間 10:30~16:00(L.O 15:30)
定休日 月曜(祝日の場合は火曜日)
席数 36席 (テーブル20席、座敷16席)
駐車場

 

店内

田舎家

田舎家

店内は手前が土産物コーナーになっていて、生そばや蕎麦あられを販売しています。

一番奥で蕎麦打ち体験をやっているようです。

昔ながらのお蕎麦屋さんという雰囲気で、気のいいご主人が草間の土地のことや蕎麦のことなどいろいろ教えてくれました。

 

メニュー

田舎家

  • ざるそば
    並盛 860円
    大盛 1,150円
    特盛 1,450円
  • ケンチンそば
    並盛 980
    大盛 1,280円
  • 山菜そば
    並盛 980
    大盛 1,280円
  • ぶっかけそば
    並盛 860円
    大盛 1,280円
  • 五目ぶっかけそば
    並盛 1,050円
    大盛 1,400円
  • 山かけそば
    並盛 1,050円
    大盛 1,400円
  • 釜あげそば
    並盛 950円
    大盛 1,250円
  • 千屋牛そば
    並盛 1,380円
    大盛 1,800円
  • ざるそば定食
    並盛 1,400円
    大盛 1,700円
  • ケンチンそば定食
    並盛 1,550円
    大盛 1,850円
  • 玉子かけご飯 270円
  • 炊き込みご飯 350円
  • おむすび 240円
  • ケンチン汁 290円
  • 鮎の甘露煮 490円
  • そばあられ 70円
  • ビール(缶)330円
  • ビール(瓶)580円
  • 日本酒(冷)390円
  • 日本酒(燗)440円
  • ノンアルコールビール 330円

 

ざるそばと千屋牛そばを注文

そばを味わうならやっぱりざるですよ!あとはかけにしようと思ったのですが、「千屋牛そば」が気になって仕方なく、結局ざると千屋牛そばを注文しました。

 

ざるそば

田舎家

地元草間のそば粉を使った二八そばです。石臼で挽いて打つ昔ながらの蕎麦です。

細いのに噛みごたえ十分の弾力。まずはそばつゆをつけずに蕎麦の風味を確認します。

噛んでいるうちに、ふわっと口の中に蕎麦の香りが漂います。

うん、美味しい。細い麺なのに「なんだこの歯ごたえは!」と食べごたえも十分。

ペロッといけてしまいます。ざるだけなら、余裕で3枚はいけますね。

ざるをほぼ食べ終わるころ、千屋牛そばがきました!

 

千屋牛そば

田舎家

田舎家

千屋牛のスライスが乗っていて、お出しはちょっと甘めの味付けです。

それで千屋牛の旨みが引き立っているように思います。

ブランド牛の元祖ともいわれる新見の千屋牛。赤身と脂のバランスが抜群で、とろけるような柔らかさの中にも肉の旨みをしっかり味わえます。

最後にそば湯をもってきてもって、最初に食べたざるそばのそばつゆを、そば湯で割って飲みます。

打ちたての防腐剤を使っていないそばだからこそ、そば湯を飲めちゃうんですよね。

本当の蕎麦好きは真冬でも冷たいざるを食べるので、食べた後にお腹を温めるため、そばつゆをそば湯で割って温かくして飲むんですね。

田舎家

 

そばあられも最高!千屋牛そばに「天かす」のように入れて食べてと言われたのですが、そのまま食べたほうが美味しい。ビールのつまみにマッチします。

 

蕎麦打ち体験

ご主人といろいろおしゃべりしていると、そば打ち体験をやっているとのこと。昼時はご主人は厨房に入らないといけないので、10:00からと14:00から予約を受けて、そば打ち体験をしているそうです。

料金は

  • 1人 2,700円
  • 2人 3,240円
  • 3人 3,780円
  • 4人 4,320円

特に持参するものはないようです。粉で服が汚れないようにエプロンを貸してくれるみたいですね。

 

まとめ

岡山市内にもおいしい蕎麦屋さんはありますが、たいてい信州など他地域から仕入れたそば粉を売っています。

しかし、ここは正真正銘、地元の畑で採れたそば粉を使っているというのがいいです。

種まきから収穫まで一貫してやっているので、そば粉に対する思い入れが絶対違いますよね。

あぁ、近くだったら、週に5回くらい行きそうです。

\ SNSでシェアしよう! /

岡山の観光・グルメ・お土産情報サイトWe Love 岡山の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

岡山の観光・グルメ・お土産情報サイトWe Love 岡山の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

谷口慎治

谷口慎治

この人が書いた記事  記事一覧

  • ひるね姫~岡山下津井の聖地候補チェック~あらすじ、豪華声優陣のコメント

  • 岡山土産の人気ランキング、本当に喜ばれるおすすめのお土産は何?

  • 中塚翠涛さんの作品、経歴、結婚してる?消せない過去ってなんだ?(情熱大陸出演)

  • 岡山駅で買えるお土産【倉敷塩ポン酢】普通のサラダが特別な料理に早変わり!?

関連記事

  • あけぼの旅館(津山)に泊まってみた感想、アクセス情報

  • 新見A級グルメフェア【2016年】で千屋牛、ピオーネ、キャビアを買ってみた

  • 大原美術館(倉敷)の見どころ、アクセス情報|美術の知識がなくても圧倒される迫力!

  • 岡山県美作市にある宮本武蔵の墓は本物なのでしょうか?

  • キリンビール岡山工場へのアクセス、体験記|一番搾りのファンになった

  • 楯築遺跡(岡山で人気の高いパワースポット)へのアクセス、見どころまとめ