1. TOP
  2. 若甦錠Sの効果|口コミ、成分、副作用、価格、取り扱い店舗

若甦錠Sの効果|口コミ、成分、副作用、価格、取り扱い店舗

 2017/07/18 編集長ブログ  

若甦錠Sは、滋養強壮剤として知られる薬用人参に、無臭のニンニク有効成分オキソアミヂンの他、ビタミンB群、ビタミンE、ニコチン酸アミドを配合しています。

衰えた体の代謝を盛んにし、毎日の健康づくりに最適な保健薬です。

若甦錠Sの効果

滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・妊娠授乳期・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給。

若甦錠Sに配合されているニンジン乾燥エキスには、自律神経を調整する効果があると言われていますので、思い当たる症状がある場合は、若甦をお試しください。

神経には、中枢神経(脳・脊髄)と末梢神経(脊髄から身体全体に伸びている)があります。

中枢神経は更に、体性神経(運動神経・感覚神経)と、自律神経(自律機能を調整)に分れていて、自律神経とは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことです。

自律神経が乱れると、さまざまな弊害が起こります。

精神的なストレスや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれます。

不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状を引き起こすことも。

あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴です。

自律神経の乱れによる疾患には次のようなものがあります。

  • 自律神経失調症
  • 神経性胃炎
  • 過敏性腸症候群(腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘)
  • メニエール病
  • 過呼吸症候群

滋養強壮とは

「滋養」とは、「体に養分(栄養分)をしみ込ませる」ことです。

「強壮」は精力を含め、「体を強く、元気にする」という意味。

したがって、滋養強壮とは、先天の気である体質の弱い部分を栄養分で補い、体質を改善して強い体をつくることなのです。

ですから、若甦ロイヤルカプセルも毎日飲むことが大切ですね。

漢方では古くから滋養強壮は、体質の改善にも広く用いられてきました。

とくに乳幼児期の虚弱体質に滋養強壮の漢方薬は有効とされています。

乳幼児期に滋養強壮を施し、呼吸器系など体の弱い部分を補うことは、体質改善に大きな効果をもたらします。

若甦錠Sの口コミ

若甦錠Sを実際に飲んでいる人はどのような感想を持っているのでしょうか?

若甦錠Sの体験談、口コミをピックアップしました。

若甦って・・・いかにも効きそうな名前です。

なぜか毎年10~11月頃は何かしらの体調不良になります。

とくに低血圧、頭痛、肩凝りがひどいんです。

毎年この時期になると若甦を飲んでいます。

次の朝の目覚めが楽になります。

そして血行がよくなるのか肩凝りも楽になります。

このシーズンを過ぎると飲まなくなるのですが、体調崩すと思い出したように買いに行ってます。

ホントはドリンクの方が即効性がありますが、コスパ悪いのでドリンクは風邪のツラい時のみにしてます。

幸いウチの近所の薬局にあるので安心です。

薬局に体質改善の漢方を購入しようと行ったときに勧められたのが、「若甦S錠」でした。

20代まで新陳代謝が活発でしたが30代になると貧血気味に。

2週間おきに最新型血流計で血圧と血流を測定してもらってますが、いつも血行不良と診断されます。

若甦を朝・晩×2錠を飲み始めて約2ヶ月経過。

自転車で坂道を上るといつもハアハア言ってきつくなるけどそれが軽くなったかなぁ~と実感しています。

自律神経が整えられるということなので、継続していこうと思っています。

仕事のストレスで寝ても覚めても疲労感が酷く、また朝も起きれず辛かったので、若甦のドリンクを3日飲んでから、コスパのよい錠剤に移行しました。

ドリンクと比べたら効果が見えにくいですが、飲み忘れると体がだるくなるので確実に効いているんだと実感します。

運動もしないといけないなと思いつつ、忙しさを口実に実行できていません。

それでも若甦を飲むようになって朝は大分、すっきり起きれるようになって来ました(^○^)

薬剤師さんのアドバイスで、今は朝夕4錠づつ飲んでいます。

ちょっと出費は苦しいですが、これからも続けます。

ちなみに、私は飲み始めてから肌も綺麗になりました!

若甦錠Sの成分

  • ニンジン乾燥エキス(原生薬として600mg)・・・180mg
  • ビタミンE散(トコフェロール酢酸エステルとして10mg)・・・20mg
  • ビスベンチアミン(ビタミンB1誘導体)・・・20mg
  • リボフラビン(ビタミンB2)・・・10mg
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・・・20mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12)・・・20μg
  • ニコチン酸アミド・・・20mg
  • パントテン酸カルシウムS(パントテン酸カルシウムとして20mg)・・・30.8mg
  • 加工ダイサン末(オキソアミヂン末)・・・20mg

添加物

  • ゼラチン
  • 乳糖
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • フマル酸
  • 炭酸Ca
  • タルク
  • 無水ケイ酸
  • 乳酸Ca
  • リン酸水素Ca
  • ケイ酸Al
  • クロスカルメロースNa
  • ステアリン酸Mg
  • ステアリン酸
  • ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート
  • ヒプロメロース
  • アラビアゴム
  • 酸化チタン
  • 白糖
  • カルナウバロウ

主要成分の働き

ニンジン乾燥エキス

人参エキスは高麗人参から抽出したエキスです。

高麗人参は昔から薬効のある植物として知られていましたが、その効果をもたらすのは「サポニン」です。サポニンは腸で吸収したブドウ糖が脂肪と合体してしまうのを抑制し、脂肪の蓄積を防ぎます。

また、血中の悪玉コレステロールを低下させる効果があります。

悪玉コレステロールが酸化すると、血流が悪くなって血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになると、酸素や栄養などの体に必要なものが体の細部に行き届かなくなり、動脈硬化や心筋梗塞などの原因にもなります。

サポニンには抗酸化作用があり、細胞の酸化を防ぐことでアンチエイジングに効果があります。

ビタミンE散

ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を排泄し、体の老化を防ぐと共に、ガン・心筋梗塞・脳卒中などの生活習慣病予防にも大きく役立ちます。

ビタミンEは細胞内での情報伝達を促進する働きが確認されており、そのため、細胞の寿命を延ばすことが判っており、内臓や組織生体膜や皮膚などを若々しく保つ働きも期待されています。

細胞内での情報伝達がうまくいくと、ホルモン分泌がよくなり、様々な組織を正常に動かすことができるようになります。

また、視覚・視力を正常に保ち、ホルモンの分泌を整え、女性ホルモンのバランスを正常にして、生理の周期を安定させる効果もあります。

ビスベンチアミン

ビスベンチアミンとは、ビタミンB1の誘導体の一種です。ビスベンチアミンはビタミンB1の働きを助けるため、脚気予防や疲労回復に効果的です。また神経機能を正常に保つ効果もあります。

リボフラビン

ビタミンB2は、糖分や脂質、たん白質などの代謝にかかわっています。また、皮膚や粘膜を正常にたもつ働きもします。不足すると、口が荒れたり、目が疲れたり、皮膚がカサカサすることがあります。

ピリドキシン塩酸塩

ピリドキシン塩酸塩はビタミンB6を科学的に合成・配合している成分ですので、摂取することでビタミンB6を補給できます。

ピリドキシン塩酸塩は筋肉の材料となる、たんぱく質の代謝に対して働きかけてくれます。

肉や魚などのタンパク質豊富な食材を効率よくエネルギーに変えてくれるのです。

その結果、疲れにくくなるということです。

シアノコバラミン

シアノコバラミンは乳製品や酵母、レバー(豚、牛、鶏など種類は問いません)に多く含まれており、日常の食事からも摂取することができます。

シアノコバラミンとはビタミンB12の一種です。

筋肉や神経の機能を正常に保ち、タンパク質やアミノ酸の合成サポート、また貧血を予防する効果があります。

ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミドとは、ビタミンB群の一種で、別名として「ナイアシンアミド」または「ビタミンB3」とも呼ばれます。

皮膚や粘膜を正常に保つ作用や、血流をよくする作用があります。

ニコチン酸が体内で不足するとペラグラ(皮膚炎や下痢、認知症)などの症状が出ます。

パントテン酸カルシウムS

パントテン酸はビタミンB群に分類される水溶性のビタミンで、ビタミンB5と呼ばれていたこともあります。

脂質、糖質、タンパク質の代謝にかかせない重要な成分です。また、他のビタミンと協力し、副腎皮質ホルモンの合成や、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

パントテン酸が欠乏すると、疲労、不眠、めまい、手足のしびれなど神経系の障害が起こることがわかっています。

加工ダイサン末(オキソアミヂン末)

オキソアミヂンとは、主に「ニンニク」に含まれる有効成分のことです。

ニンニクがもたらす滋養強壮などの様々な効果は、アリシンではなく「オキソアミヂン」という成分によるものだとわかってきました。

オキソアミヂンは主にニンニクの主成分といわれているもので、老化防止や体力回復、滋養強壮などの効果があることが判明しています。

「疲れ気味だな」と感じている人や、手術や病にかかり、体力や体重が減少している人に摂取して欲しい栄養成分です。

精力剤や長寿薬として使われることも多く、男性の自信を取り戻したいと考えている人にとってもおすすめです。

ニンニクパワーの源がオキソアミヂンなのです。

若甦錠Sの副作用

医薬品なので副作用が心配ですが、添付文書には次のように記載されています。

相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
〔関係部位〕   〔症  状〕
皮   膚 : 発疹・発赤,かゆみ
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください保管及び取扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください(瓶入りの場合は密栓して保管してください)
(2)小児の手の届かない所に保管してください
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください
年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 2錠 2回

※15歳未満 服用しないこと

若甦錠Sは、漢方薬なので副作用の危険は少ないですが、過剰摂取、飲み合せによっては、副作用の原因にもなりかねませんので、用法・用量を守りましょう。

私の知り合いの薬剤師さんに確認したところ、その薬剤師さんの薬局で若甦錠Sを買った人で、副作用とか調子悪くなったと言ってきた人はいないみたいです。

若甦錠Sの価格

若甦錠Sのメーカー価格は次の通りです。

  • 60錠・・・¥2,052(税込)
  • 120錠・・・¥3,888(税込)
  • PTP240錠・・・¥7,020(税込)
  • 480錠・・・¥11,880(税込)
  • 240T(ビン)・・・¥7,020(税込)
  • 450T(ビン)・・・¥10,800(税込)

PTPとは薬を包装する方法の1つで、錠剤やカプセルをプラスチックとアルミで挟んだシート状のものです。

アマゾンでは若甦錠S240錠を7,210円で販売していました。

楽天では480錠が11,200円で販売されています。

ケンコーコムでは若甦錠S60錠が2,052円で販売されていますね。

1日あたりの摂取量が4粒なので、楽天で480錠入りを購入すると、1日あたりのコストは93円くらいです。

若甦シリーズには高価なものが多いですが、若甦錠Sはコスト的にも続けやすそうです。

若甦錠Sを岡山市で購入するなら

若甦シリーズを岡山で購入するなら、創業70年の渡辺薬局へ。

気軽に相談できる薬剤師オーナーがいるので安心です。

岡山市北区の渡辺薬局はこちら

若甦シリーズ詳細はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

WE LOVE OKAYAMAの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WE LOVE OKAYAMAの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!