1. TOP
  2. 備中鐘乳穴(岡山)へのアクセス、見どころ情報まとめ

備中鐘乳穴(岡山)へのアクセス、見どころ情報まとめ

備中鐘乳穴(びっちゅうかなちあな)は岡山県の天然記念物にも指定されている鍾乳洞。

平安時代から知られていて、京の都にもその存在が響き渡っていたという歴史ある鍾乳洞です。

規模はそれほど大きくないのですが、岡山の鍾乳洞の中で一番好きなスポットです。

備中鍾乳穴

6月下旬から7月上旬にかけてはヒメホタルの幻想的な乱舞を鑑賞できます。

 

備中鐘乳穴へのアクセス

【公共交通機関で行く】

JR伯備線「備中高梁駅」から備北バス「呰部・落合」行きに乗り、「呰部」下車。しかし、ここからは歩いていくのは困難です。

タクシーで約15分、2,000円程度かかります。

【車で行く】

中国自動車道「北房」インターから、約15分。何ヶ所か案内看板がありますので、割とスムーズに行けると思います。

【カーナビ目的地設定用マップコード】

235 426 292*71

 

地図

 

基本データ

備中鍾乳穴

所在地 岡山県真庭市上水田井殿8854-1
問い合わせ先 0866-52-2962
北房鐘乳洞観光株式会社
料金 大人700円、中高生500円、小人(5歳以上)350円
団体料金 30人以上20%引き、100人以上25%引き
営業時間 4月~10月 10:00~17:00
11月~3月 10:00~16:00
定休日 1月~2月は土日祝のみ営業
※急な休館の可能性もあるので、電話で確認してから
行ったほうがいいでしょう。

 

見どころ

備中鍾乳穴

駐車場から結構急な坂道を下っていきます。急な坂道を下るということは、帰りは登るということです(^^♪

規模的にもそれほど大きくはない鍾乳洞ですが、私は岡山の鍾乳洞のなかで、ここが一番のお気に入りです。

というのが、他の鍾乳洞は規模が大きくて確かにすごいのですが、鍾乳洞内で果てしなく階段を上ったり、頭をかがめて、ヒザ曲げて歩かないと頭をぶつけるような感じなんですね。

つまり、しんどい!相当しんどいです!

一方、備中鐘乳穴は高さがあり、広々空間なので、ラクラク歩けます。そしてライトアップが最も上手だと思います。自然の神秘的パワーがライとアップによって増幅されていますね。

見どころは日本一といわれる高さ3m直径5mの石旬「洞内富士」や22階層からなる「五重の塔」。

ちなみに備中鐘乳穴は延喜元年(901年)に書かれた「日本三大実録」に、その名が記された、文献に残る日本最古の鍾乳洞みたいです。

日本最古が岡山県にあるんですね。

あと、これは後付けだと思いますが、「評定の間」というのがあります。ここで桃太郎のモデルとなった吉備津彦命が、鬼退治の作戦会議を行なったとか。

備中鍾乳穴

備中鐘乳穴の口コミ情報

備中鍾乳洞はかなり運動になるし入り口の杖を持って行くようにと友人に聞いていましたが行きは楽々、帰りは杖が大活躍でした。鍾乳洞に入るとテンションが上がりました。 ひんやりした鍾乳洞には神秘的な空間が広がっていました。
岩の割れ目の様な所から中へ入ると、照明があまりないので暗いですが、観光地化されてなく人も少ないのでゆっくり出来ます。奥行もあまりないですが自然のままがいい感じです。難点は 料金がちょっと高い目かと思いますが、損した気はしないです。
洞窟の入口までは山道を結構歩き下ります。入り口が近くなると、鍾乳洞ならではのひんやりした空気。湿度も高く、メガネが曇るぐらいです。中はライトアップされてて綺麗でした。

 

まとめ

私は神庭の滝の帰りに備中鐘乳穴に寄りました。パワースポットのはしごです♪

神庭の滝(岡山)の見どころ、アクセス情報|日本の名瀑はやっぱり凄かった!

壮大な滝と、地底の洞窟のあまりのギャップに、自然の偉大さに感動することでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

岡山の観光・グルメ・お土産情報サイトWe Love 岡山の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

岡山の観光・グルメ・お土産情報サイトWe Love 岡山の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

谷口慎治

谷口慎治

この人が書いた記事  記事一覧

  • ひるね姫~岡山下津井の聖地候補チェック~あらすじ、豪華声優陣のコメント

  • 岡山土産の人気ランキング、本当に喜ばれるおすすめのお土産は何?

  • 中塚翠涛さんの作品、経歴、結婚してる?消せない過去ってなんだ?(情熱大陸出演)

  • 岡山駅で買えるお土産【倉敷塩ポン酢】普通のサラダが特別な料理に早変わり!?

関連記事

  • 松阪牛や神戸牛のルーツ?岡山発の元祖ブランド牛「千屋牛(ちやぎゅう)」を味わえる厳選スポット10選

  • 岡山県美作市にある宮本武蔵の墓は本物なのでしょうか?

  • 山田養蜂場ぶんぶんファクトリー(岡山)へのアクセス|ジェラート、どら焼きが絶品だった

  • 鶴山公園(津山)の紅葉2016、イベント、入場料、アクセス情報まとめ

  • 絹掛の滝(岡山)へのアクセス、見どころ、周辺スポット情報

  • 北房ほたる公園(岡山)へのアクセス地図、見どころまとめ